目を温めることで、眼精疲労が改善するというのは本当です。 その理由は、目の周りを温めることにより、目の周りの血液の流れが促進されるから。 目の周りを温めるには、蒸しタオルを利用した方法が手軽でオススメです。 そこで、簡単にできる蒸しタオルの作り方をご紹介します。 まず、フェイスタオルを水道水で濡らし、軽く絞ります。 そして、ラップで包むか、小さいビニール袋に入れて、電子レンジで温めてください。 500Wの電子レンジなら1分くらい、600Wで40秒くらい、700Wで30秒くらいを目安にして加熱しましょう。 もし、温まり過ぎた場合は少し冷ましてから使用し、あまり温まっていない場合には10秒プラスして温めます。 蒸しタオルができたら、目の上にのせて、冷めるまで待ってください。 たったこれだけで、目の疲れがスッキリと軽くなります。 また、眼精疲労からくる肩こりや首こりにも、蒸しタオルは有効です。 蒸しタオルを肩や首にのせることで、肩や首の血液の流れが促進されて、症状が改善するでしょう。 簡単なので、ぜひ試してみてください。